家でドラム演奏したい方必見!防音工事をしよう

防音工事でドラム室を作る場合に求められる防音性能を知ろう

家でドラム演奏したい方必見!防音工事をしよう

ドラム

防音工事とはなにか

外の騒音が部屋の中に入ってこないようにするための工事です。防音工事と似ていますが、遮音工事というものもあります。遮音工事は、部屋の中から外に音がもれないようにするための工事です。混同しないようにしましょう。床や壁、天井などに防音工事をして音に対する対策を行います。

よく行われる防音工事

防音フローリングを貼る工事や、壁に吸音材を埋め込む工事は頻繁に行われています。高い防音性能を求めるならさらなる工事が必要になります。窓やドアは特に音が漏れやすいです。窓やドアに防音加工する工事も人気です。壁や窓の工事を行なうことは、部屋の気密性を高めることになるので、断熱効果を期待できます。

求められる防音性能の違い

ピアノ

一般的な防音性能に加えて、ピアノ独特の音に対する対策を行わなければいけません。ピアノは意外とパワーのある音をだします。高音から低音まで幅広い音をだすので、音の波がほそくなり僅かな隙間から音が漏れてしまう事があります。ピアノは防音室に見合った工事が必要となるでしょう。

ドラム

ドラムは、楽器の中でも大きな音を出します。ピアノに比べると必要となる防音性能が高くなるでしょう。ドラムの特性にあった防音工事をする必要があります。

防音工事に関する口コミ

高い防音性能に満足

約8畳の広さの防音室を作ってもらいました。かかった費用は350万円です。自宅にスタジオを持つのが憧れだったので、念願の防音室を手に入れてとても満足しています。壁から防音支持を用いて浮かせた設計なので、防音性能もバッチリです。すぐそばにあるリビングに音が漏れることはありません。

音の響きにこだわった

設計の段階から自分の好きな音の響き方を伝えていました。なので、設計をするときに吸音パネルの配置を工夫してくれました。また、ドアの一部にガラスが入ったものを選ぶことにより、防音室の中が確認できるようこだわりました。施工にかかった期間は1ヶ月程度でした。

ドラム部屋を依頼

大きな音がでるドラムは、防音性能の高い部屋がないとお家で練習できません。家でもドラムを叩くために、400万円をかけて防音工事を行ないました。周りが静かな環境なので、音漏れが心配でしたが家の外どころか部屋の外にすら漏れないので驚いています。

完全に別空間

趣味でバンドをしているのですが、技術を磨くために家を作る際についでに防音室をつくりました。これまで、夜には絶対にやらないようにしていた演奏ができる用になりました。本物のレコーディングスタジオのように感じます。他の部屋とは別空間のようです。

スタジオと変わらない

普段からドラムを演奏しているので、自宅でも叩きたいと思い依頼しました。中で初めてドラムを叩いた時は、本物のスタジオと変わらなくて正直驚きました。壁紙を選ぶことが出来たのでオシャレな空間に仕上げることが出来ました。

広告募集中