自分でできる防音には限界がある!高い防音性能は工事で手に入れよう

音の性質と伝わり方を学んで防音に必要な知識を身につけよう

レディ

音の伝わり方

音は、空気の振動により伝わります。質量のあるものが、揺れることで空気も揺れます。それが耳に届いて音が聞こえているのです。音のボリュームと音域が大きくなればなるほど人は騒音と感じます。空気振動の波動が大きければ強くなって小さければ逆に弱くなるとされています。波動が大きくなることによりボリュームも大きくなります。

音の単位

音の大きさを表す単位がデシベルで、音の周波数を表す単位がヘルツです。周波数とは、音が1秒間に振動している数が多くなれば高音になり少なければ低音になります。人間の耳は、周波数が高い音を聞き取りやすくなっています。なので防音をするにはいかに周波数の高い音を軽減されるかが鍵になります。

自分で出来る防音対策

そこまで高い防音性能を求めない場合は、自分でかんたんに出来る防音対策をするのも有効です。しゃべり声程度の音なら少し対策するだけで消せるでしょう。また簡易的な防音室なども販売されているので気になる方は調べてみてください。ですが、それらには限界があります。楽器を演奏するための防音性能があるかと言われれば微妙です。近所を気にせず楽器を演奏したいならやはり防音工事が必要不可欠です。

防音に関するおすすめ記事

防音材

防音工事にかかる費用の相場を確認しよう!

防音室を作るときにかかる費用は内容によって大きく変わります。費用をおさえるほど防音性能が落ちると考えてもいいでしょう。どのくらいの費用がかかるかを出すのは難しいですが、一般的に相場とされているのは一坪40万円です。これから防音工事をしようと考えてる方は参考になるでしょう。

READ MORE
ドラム

家でドラム演奏したい方必見!防音工事をしよう

ドラムは、楽器の中でも高い防音性能を求められます。なので特殊な工事なります。楽器によって求められる防音性能が変わります。自分がよく演奏する楽器や防音室を作る目的に合わせた防音性能にしましょう。

READ MORE

防音に関する疑問

マンションと戸建てでは工事費用が代わりますか?

防音室工事では、住宅に使われている材料、製造工法の違いや、仕様の違いで大きく費用が変わります。防音室工事の仕上げに使われるフローリングやカーペットなどでも費用が変わるので、マンションと戸建てによる違いはあまりないです。

収納やコンセントを取り付けることは可能ですか?

コンセントはどの防音室にも取付可能でしょう。収納は、施工面積の大きさなどにもよりますが、空洞があると太鼓現象と呼ばれる音が伝えられることが起こるので、なるべく取り付けない方がいいでしょう。

防音室は暑いですか?

夏場は暑くなるのでクーラーの設置をおすすめしています。クーラーのダクトには、サイレンサーと呼ばれる音を消す素材が使われます。なので、ダクトから音が漏れることはないでしょう。

[PR]防音室工事は専門業者に頼もう
施工事例を事前にcheck☆

[PR]ドラムを演奏したいなら防音工事をしよう
優良業者を厳選公開♪

[PR]防音効果ばっちり◎
騒音対策を始めよう!

広告募集中